FXの取引場所

FX取引はいつ行われているのでしょうか。日本の国内株式の場合は平日の午前と午後、決まった取引所でのみ行われています。FXもまた、時間や場所に制限があるのでしょうか。FXは世界各国の通貨を交換するものです。つまり地球上のどこかは必ず昼間であるため、FXの取引は24時間休みなく行われています。
ただし、24時間眠らない為替取引であっても取引ができる時間には制限があります。日本時間では朝6時か7時から土曜日の6時か7時までです。この6時か7時という曖昧さは東京とNYの時差からくるものです。NYは日本とちがってサマータイムが導入されているため、夏時間の場合には朝6時からとなるし、冬時間の間は7時からということになるのです。
場所はどうでしょうか?かつて日本の政治家の一人が「為替取引所はどこにあるんだ?」というようなとぼけた質問をしたことがあったそうですが、FXを含む為替の取引は証券取引所のように特定の場所があるわけではありません。世界各国の銀行同士が取引を行うことでまず通貨自体の流動があり、個人投資家はそこから卸されて証券会社やFX会社に回ってくるものを取り引きすることになります。
銀行同士の取引は各行の財務部「外国為替部門」が行なっています。またFX取り扱い会社の中でも、個人投資家からの注文によって自社に大きな損害が発生しないように、常にリスクヘッジ取引を行う専門のディーラーが存在しています。