FXで成功するために気をつけておくこと

FXでは、スプレッドの幅ができるだけ少ない通貨の方が取引のたびにかかる手数料が少なくて済みます。いいスプレッドが常に出ている通貨とは非常に限られています。具体的には世界の為替取引はたった3通貨によってほとんどを占められているのです。それは「米ドル」「ユーロ」「日本円」の3種類です。
現在世界中に出回っている通貨量のうち「米ドル」は約48%で最も多く、次いで「ユーロ」が約18%、続いて「日本円」が約8%となっています。8通貨をあわせると全外国為替市場のうちの70%が占められていることになるため、スプレッドの幅も自然とこの3種類による交換が最も少ないことになります。
中でも、常にスプレッドが狭いとされているのは、米ドルと日本円、ユーロと米ドル、ユーロと円です。中でも米ドルと日本円のスプレッドは世界中の通貨の中でも最も安定したスプレッド幅となっているため、日本でのFX取引をするなら、一番おすすめなのはこの米ドルと日本円の組み合わせです。
米ドルは日本人にとってなじみの深い通貨でもあり、毎日のニュースの最後にはかならず日経平均株価とともにドルとユーロの価格が発表されています。常に情報が入ってくることもまた、この3通貨間の取引を行う上で有利な点です。また政治的な影響を鑑みても、日本とアメリカは密接な経済関係にあります。国ごとの発言内容も理解がしやすいので、そこから市場の動きも予想がしやすくなっています。
FXの確定申告について